前へ
次へ

不動産購入時の頭金は生活費を削らないこと

不動産購入を考えているときに、できるだけ頭金を入れて借りる金額を安くしたいと考えている人も少なくありません。しかし、不動産購入時に過度な頭金を入れることは、後から生活面が苦しくなるため注意が必要です。不動産購入するときに頭金を入れる場合、2割から3割程度が相場とされています。それ以上入れて経済的な負担を低減したいと考えている人は少なくありませんが、万が一冠婚葬祭の金額に手を付けてしまい、その後冠婚葬祭が続いて経済的な負担を感じるようになることも珍しくありません。不動産購入時に経済的な負担を感じるまで頭金を入れるのではなく、繰り上げ返済できるように節約することも重要です。不動産購入するときに生活面を徹底的に削るのではなく、できる限り経済的な負担を低減し、さらにその上でローンを返済することを検討して利用してください。不動産購入はあくまでも生活費とは関係ない、別の資金から頭金をねん出することが重要です。

Page Top